住宅ローンが払えなくなってしまった!
期限の利益を喪失して代位弁済され全額返済を要求されている!


任意売却と引っ越し費用

引越し代を債権者に認めてもらえるとは限りません!
正直言って、認めてもらえる場合もあるし、認められない場合もあります。 2007年5月以前はほとんどが認められるておりましたが、今は、ほとんどの場合は、認めてもらえないケースも出て来ております。

なぜなら、債権者が引越代を認めるべき合理的な理由が存在し無いからです。 従って稟議が通らないケースも有るのです。

任意売却の方が高額で処分できるから、引越し代も認められるのだ、との説明している業者さんがおりますが、今は合理性が厳しく求められます。 期待しない方が良いでしょう。

とは、言うものの、債権者側もそこまでは鬼ではありません、99パーセントは認めてもらえております。 また、物件を購入してくださる買い主さんにも少々の立退料の援助をお願いしてりもいたしております。

任意売却の料金

基本的に債務の有るご依頼人からは一円たりとも頂きません

ご依頼主様に費用を捻出するだけの余裕が全く無い状態でありましても、任意売却を承ります。 ご不明な点がございましたら、お気軽にお尋ね下さい。

また任意売買以外の個人再生の方法なども含めて、ご依頼主様に最適な方法をご提案致します。
個人再生などで弁護士費用等が生じる場合にはご負担を願っております。

* 任意売却 - 無料
任売の仲介手数料等の諸費用は全て債権者より支払われますので、ご依頼主様の負担はありません。安心してご依頼ください。


* お電話によるご相談 - 無料
ご納得いただけるまで何度でもお電話をください。
電話番号: 
* 弊社の担当によるご自宅訪問でのご相談 - 全国無料
遠隔地にお住まいの方の場合には、交通費は当初、お立て替え願います。 任意売却終了時にお立て替え願った交通費を精算させていただきます。

任意売却のメリット

住宅ローンの返済に行き詰まってしまった状況で、ご自分からの任意で問題の不動産を売却した場合、その不動産は一般の市場に近い価格で取引される事の方が多いのです。 高く売れるということは、その分、債権者[抵当権者]に多く返済できるということにつながります。

* メリット - 1
不動産のお取引時にかかる以下の支払いも債権者より支払われますので、任意売却のご依頼人様のご負担は基本的に殆どございません。詳しくはお問い合わせ下さい。
o 滞納分管理費(マンション等、管理費の有る場合) ⇒ 債権者が管理組合へ支払う
o 滞納分住民税・固定資産税 ⇒ 債権者にもよりますが、債権者が物件管轄の税務署へ支払ってくれる場合も有ります
o 抵当権抹消費用/司法書士費用 ⇒ 債権者が司法書士へ支払う
o 抵当権解除による書類代 ⇒ 債権者が抵当権設定者・利害関係人へ支払う
o 任売業者/不動産業者への仲介手数料 ⇒ 債権者が業者へ支払う
* メリット - 2
私たち業者を利用した場合、私たちが代理人となるのでご依頼人様は生活に集中できる。
* メリット - 3
市場価格に近い価格で売却が出来る為に、競売よりローンを多く返済できる。
* メリット - 4
ご近所さんにに多重債務・競売等を知られずに内密に売却できる。
* メリット - 5
話し合いにより、引越し費用、その他手当を受け取ることもできる場合も有ります。
* メリット - 6
話し合いにより、お引越時期の融通を聞いてもらえる。
* メリット - 7
任意売却終了後に残るローンの債務の返済額・返済条件の交渉を私たち業者が代理となって行い、少額返済を認めてもらえる可能性が高い。

住宅金融支援機構への返済の滞納が出来なくなりそうだ

[ 1 ] 任意売却専門業者に相談
現在は住宅ローン返済の滞納は無いけれども、このままでは遅かれ滞納がはじまりそうだ。
先ずは、ローンの融資を受けている住宅金融支援機構に返済条件の見直しのお願いをしてください。 返済のリスケジューリングといいまして、月々の返済額の圧縮などのお願いをしてください。
住宅金融支援機構の "月々の返済でお困りになったときは" を参考になさってください。

すでに、住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)などと話し合ったが、リスケは認めてもらえなかった場合などは任意売却でいくしか道はないと考えます。 私たちにご相談いただければ最善の方法をご提案できるかと存じます。

相談料・調査費用・コンサルタント料などの料金は有りません。

[ 2 ] ローンを滞納する前に当、任意売却相談デスクに依頼

* 住宅金融支援機構(旧公庫)への任意売却申出書という書類にご記入いただきます。
* 物件および物件の販売価格の調査を行います。

任意売却の専門業者であれば、相談料/調査などは無料が当たり前です。

[ 3 ] 当社が住宅金融支援機構(旧・公庫)に当該不動産の査定価格(近隣の相場価格)を提示・確認

* ご依頼主様に不動産の査定価格(近隣の相場価格)を報告

[ 4 ] 依頼主様と当社で任意売却の専任媒介契約を締結いたします。

* 物件売却に必要な書類を記入戴き、ご依頼主様と当社で専任媒介契約の締結します。

ご依頼くださる方に、一切の料金のご負担は有りませんが、印鑑証明と取っていただく費用とか送料は実費となります。

[ 5 ] 当社が住宅金融支援機構に販売活動する旨を伝えます。
上記の [ 2 ] ~ [ 4 ] の順序は曖昧です。 [2][3][4]が入れ替わることもございます。 また[2][3][4]が同時に進行してしまう場合もございます。 また住宅支援機構のエリアによりましても上記順序はマチマチです。

* 専任媒介契約書のコピーを住宅金融支援機構に送付します。


[ 6 ] 当社で業者間物件情報システム『レインズ』などへ積極的に登録を行い販売をします。

* 依頼された物件の契約を可能な限り早くするために、『Yahoo不動産』,『Home's不動産』,『新聞折り込み広告』,『住宅情報誌』および『販売会』を積極的に行います。

[ 7 ] 当該不動産が購入希望者より購入の打診を受ける。

* 当社が購入希望者様より買付証明書を受理します。

[ 8 ] 当社が債権者に買付証明書を提出し、売却金額の同意を貰う。

[ 9 ] 売買契約の締結。 居住している場合には引っ越し先を探していただきます。

[ 10 ] 各債権者と、抵当権全額の抹消の協議と応諾『配分表』の作成。

[ 11 ] 総ての抵当権者との合意、抵当権の解除、そして差押え/競売の取り下げ。

* 引っ越し後の生活状況表を提出。

[ 12 ] 決済・所有権移転そしてお引き渡し。

[ 13 ] 債権者との残債の返済について、[ 11 ] で提出した生活状況表を踏まえて決定する。

* 残るローン残債については、各々サービサーによって大きく変わります。
* 残債務の返済については、債権者と当初きめた返済額を、何度か見直しして貰う事が可能ですので、その都度、債権者と交渉する事をお勧めします。

[ 14 ] 住宅ローン地獄からの解放そして再スタート。

[ 15 ] 数年後位には、新しいマイホームの購入が可能となかもしれません。

* 数年して、ご依頼人様の置かれた状況に大きくさゆうされます。
* ブラックリストに記載されているのも関わらず、新たに住宅ローンの組めた過去の依頼人も数名おります。
* ブラックリストには5年 ~ 10年は載っているとお考えください。

任意売却とは

融資を受けている債務者と抵当権者(債権者)との合意の元に適正価格で問題の不動産を売却し、売却代金を返済することです。
マンション・戸建住宅などを購入した後、何らかの事情で収入が減ってしまい、住宅ローンの返済が困難になってしまう事が有ります。 返済が滞り出すと債権者から競売の申し立てをされます。 債権者は、強制的にその不動産をお金に換えて回収しようとします。

しかし、競売の場合、落札価格が一般の不動産の市場価格よりも2 ~ 4割ほど低い価格になることが多いのです。
売却代金での債権者への返済が不足した場合は不動産を処分されたにもかかわらず、ローンの残債務(借金が残ってしまいます)が出ます。

少しでも高額にて売却できれば、債権者へより多くの借金が返済が出来ます。 そこで、任意売却という方法を取るのです。

任意売却は、融資を受けている債権者総ての同意を得なければなりませんが、遅かれ競売される物件を一般の不動産市場に売りに出して、市場価格に近い価格で売却を試み現金に換えることです(換価すると言います)。

メインメニュー

関連サイト